« 松山に行ってきました | トップページ | ルーキーズ見てきました(^^) »

落ちるスピード

身の回りに起きた色んな出来事が心にストンと落ちるスピードってどのくらいですか?

小ネタは早いですね。かなり。

「先着10名様の新製品ゲット! やったgood

「田中真紀子のモノマネが超ウケた! やるやん、私scissors

「自転車のタイヤ、パンクしとる~! マジか~crying

嬉しいことhappy02、悲しいことweepに関わらず、小さな出来事には瞬間的に感情が動くものです。

なのに、大ネタは遅い。滅法、遅いです。

去年、父が他界したのですが、死に目に会えず遺体と対面した時も、通夜も葬式も、なんだか現実とは思えず、ただその場の空気の中で相応しいと考えられる行動を取ることしかできませんでした。

悲しくないわけじゃないんです。なのに、少しも感情が動かず、涙も出ないんです。

葬式の時、親戚や友達が「お父さん、いい顔してはったね」「元気出してね」「落ち着いたらまた食事でも行こうね」と声を掛けてくれると、その優しさに涙が出るものの、父が死んだということには実感が湧かず、目の前の光景が異次元の世界のように見えていました。

で、半年経った冬、年賀状の代わりに出す喪中葉書に一言ずつ添えていると、我知らず、ポトリと涙が落ちたんですよ。何の前触れもなく、いきなり。

驚きました。

半年掛って、やっと心に悲しみが落ちてきたんです。

その日一日はダメでした。落ち込んで殆ど家事をこなすことができず、ただ枕に突っ伏して過ごしました。

夕食は冷凍庫にあったレトルトや保存してあった残り物をチンして出しました。

そんなことは一度もしたことがなかったのですが、帰宅した家人は何も言いませんでした。

カウンターの上に置かれた書き終えた喪中葉書に気付いたのか、怒りもせず、無駄に話し掛けもせず、私をそっとしておいてくれました。

すごく優しい人だと思いました。

いつも「このメタボ!」「肝臓に謝れ!」などと暴言を吐き続けてきたことを少し後悔しました。

……coldsweats01

で、先週ですが、身に余るほど、かなり嬉しいことが起こりました。

自分が夢に描き、目標にしてきたことが二ヶ月後、現実になりそうなのです。

まだ公表していいことなのか分からないので、曖昧にしておきますが、私の人生において、ナンバーワンに限りなく近い喜びです。

めっさ、嬉しい!!! ……はずです。

でも、まだ実感が湧きません。なんだかボーッと漠然とした高揚感の中を漂っている感じです。

きっと、ものすごい重大事なんですよね、これって。

お世話になった方には、もっとアグレッシブに喜びを伝えるべきなのでしょうが、心がまだ付いていかないんです。

感謝の言葉に感情がこもってないって思われてるかなぁ。

……sweat02

天国の父も喜んでくれてると思います。

私を支えてくれている、すべての人に感謝してます。

もう少ししたら、感情全開に「ありがと~っっsign03」って言えると思います。

|

« 松山に行ってきました | トップページ | ルーキーズ見てきました(^^) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529895/45111450

この記事へのトラックバック一覧です: 落ちるスピード:

« 松山に行ってきました | トップページ | ルーキーズ見てきました(^^) »