« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

意外な姿

わたくし、バレエ(踊るほう)を習っているのですが、ずっと教えてくださってるshine先生shineが、本当にとってもtulip可愛らしいんです。

小柄で華奢で、女の私が見ても守ってあげたくなるような可憐な方。

何度か舞台を見せて頂いたのですが、シルフィードのような役を踊られると、まるで本当の妖精のようなんです。

とは、言っても、やはり関西の人間、レッスン中のトークはかなり面白い。

それも、大概、すごいギャップなのですが、この前、もっとすごい姿を目撃してしまいました。

忘れもしない日食の日。

レッスン場に向かう道すがら、厚い雲の合間から顔を覗かせる欠けた太陽を見た私は、スタジオに着くなり、「見えてんで、太陽sun」と報告すると、生徒より誰より早く、先生が鋭く反応しました。

「ホンマですかっup!」

いつもにこやかで冷静な先生のあまりの熱い迫力に、思わずドッキリcoldsweats02

どもりながら「ホ、ホンマです」と答えると、先生は手近にあったサウナパンツをはき始めました。

「ちょっと見に行ってきます! 北村さん! レッスン始めてて下さい!」

レッスンて、アンタ、私、生徒ですけど……と、言い返す前に、先生はダッシュで外に出て行ってしまいました。

すると、生徒たちもつられたようにレオタードのままスタジオの外へ。

その中で冷静な一人が、どこから見えるのかと私に聞いてきて、説明のしようのない私は、結局、仕方なく、同じくレオタード姿で屋外へ出ることになりました。

で、そこは駅前ロータリーの駅ビルの真ん前。

道行く人たちは太陽を撮ろうとケータイを手にしつつ、「ホンマに欠けとる~」と騒ぐ私たちのレオタード姿を物珍しそうに眺めて行くんですよ。

そして、さらに「オモロイもん見つけた」とばかりに、大笑いで写メされました。

もしかして、どこかのブログに『皆既日食の影響で異常行動をとる人々』と載っているかもしれません。

帰りのエレベーターの中で先生が一言。

「いいもの見ましたねheart01 何十年に一回ですからhappy01 それに、いい宣伝にもなりました。お教室のメンバーも増えるかもしれませんねwink

いやいや、先生。

みんな、恐れて、しばらく入ってこないと思いますよcoldsweats01

そして、先生のそんな姿、私は一生、忘れません。

| | コメント (0)

あとがきの、あとがき

文庫のあとがきに、あれも書きたい、これも書きたい、と思ったんですが、

とにかくお世話になった方へのお礼の言葉を優先したくて、

書かずに終わったことがいくつかあります。

なので、このブログの場を借りて、それを少し。

まあ、登場人物の裏設定みたいなものです。

clover青山浩輝clover

1月30日生 水瓶座aquarius B型 

趣味  スキーsnow   

日課  腕立て50、腹筋100  

好きな食べ物  サーモン 茶碗蒸し  

嫌いな食べ物  甘いもの(シフォンケーキはギリギリいけるけど、モンブランは小さい一口が限界)

ファッション  LEON系(参考にしてるわけではなく、たまたま)

cherry金丸亮cherry

6月1日生 双子座gemini AB型

趣味  スキーsnow

好きな音楽  フュージョン系

好きな食べ物  浩輝が作ったアンチョビとキャベツのパスタ

嫌いな食べ物  パクチー(あれは食べ物でなく草だ)

ファッション  密かにヴィンテージもののジーンズが好き

cuteジョッシュcute

9月12日生 乙女座virgo O型

趣味  ジムで体を鍛えること

大切なもの  浩輝との思い出(妄想込み)

好きな人  浩輝

嫌いな人  亮

ファッション  ブランド言うとポール・スミス

notes note notes note notes

あと、実はタイトルを最初の候補から変えました。

「灼熱を纏う夜」leftright「BODY LANGUAGE」

「堕天使は艶やかに嗤う」leftright「Fireman vs. Fired man]

でした。

やはり英語の題名というのは、分かってもらいにくいものなのだそうです。

……なるほど。

勉強になりました。

| | コメント (0)

夢が現実になる日

とうとう、この日がやってきました。

私の初文庫 『灼熱を纏う夜』 が発売されますhappy02

Shakunetsu_take4

キャーッhappy02 感動ですcrying

御覧のように美しいイラストは、

shineあじみね朔生先生shine

が描いて下さいました。

私のような新人にイラストを提供して頂き、本当に本当に、どんな言葉でも感謝を伝え切れません。

ただもう、幸せで胸がいっぱいです。

本当にありがとうございます。

clover clover clover clover clover

昨夜は、遠足の前日の小学生のように、なかなか眠ることができず、

今朝も目覚ましより一時間も早く目覚めてしまいました。

かなり寝不足のはずなのですが、異常なハイテンションで、しかも、心、ここにあらず。

出社する家人が、

「今日はなるべく、人様に会うな」

と釘を刺して行きました。

多分、今の私の精神状態では、人様に迷惑を掛けると、そう思っての言葉でしょう。

うん、君は正しい。

でも、とりあえず、書店に置かれているであろう、文庫の姿はどうしても見たいので、知り合いに会う可能性の低い遠方の書店に行ってみます。

記念撮影cameraとかしたら、お店の人に怒られちゃうかな……。

っていうか、そういうことをするなって、家人は言ったんだよね、多分……。

……我慢しよう。

chick chick chick chick chick

最後に文庫の宣伝になってしまいますが、

私の拙い小説はさて置いても、shineあじみね先生shineのイラストは本当に素晴らしいです。

もし、よろしければ、チラリeyeと、のぞいてやって下さいcoldsweats01

| | コメント (0)

粉モン修行

関西の誇りと言えば粉モン!

これがうまく作れなければ関西人ではない!

「大阪では一家に一台たこ焼き機がある」という話を聞いたことがあると思いますが、あれ、本当に本当です。

私が住んでいるのは関西の端くれに過ぎませんが、それでも、もちろんあります。

で、ですね、この話の流れから行くと、たこ焼きの話をするのかと思われるでしょうが、お好み焼きの話です。(まあ、ざっくりですが、同じ粉モンってことで……。)

実は私の作るお好み焼きは、不本意ながら評判がすこぶる悪い。

マズイというほどでもないけど、美味しくはない(メタボ家人いわく)。

悔しいな~、なんとかしたいな~と思っていると、とうとうチャンス到来ですよ。

横浜shineから引っ越してきた素敵マダムとお友だちになり、「美味しいお好み焼きの作り方を教えて欲しい」と話を持ち掛けられたんです。

今更、聞けへんやん、と思っていたお好み焼きレシピを人に聞くチャンスがやってきたんですよ! 神様ありがとう!

で、お好み焼き自慢の友人に白羽の矢を立て、さっそく横浜マダムの新居でお料理教室を開催することになりました。

材料をテーブルに並べ、メモを片手に分量を書きとろうとするんですが、友人は「このくら~い」と目分量で材料を入れていこうとするんですよ。

「そんな適当じゃ分からへんっ!」

必死に友人の手を止めながら、分量をグラム単位で量って綿密なレシピを作り、

ジャジャーンnoteお好み焼きが美しく焼き上がりました。

そして試食タイム!

「うま~いっ! すご~い! 店、ひらけるやんっ!」

友人を見る目が変わるほど美味しかったです。

食べる者をうならせる完璧レシピも手に入れたし、これで私も真の関西人に!

そして、食後のデザートに、横浜マダム手作りのブルーベリータルトcakeが出てきて、美味しすぎて再び悶絶。

まるで夢のような時間でした。

持つべきものは友やんなぁ、と二人の天才料理人に大感謝です。

で、私は何をしたのかというと……。

……うーん、何かしたかなぁ……?

「冷房は電気代かかるし、ドライにしよかぁ」と、人のうちのエアコンを勝手に節電したくらいかな。

地球にも優しくできた感じ?

……でも、それ以上思い出せない。

うがーっ! これじゃあ、完全に役立たず状態じゃないですか。

今更、気付いたことでもありませんが……。

……そう言えば、友人が「あんたが今まで作ってたお好み焼きを、むしろ食べてみたいわ」と言ってたな。

なるほど、怖いもの見たさですな。

そして、なんて勇気のある……。

でも確かに、あの二人の鉄人料理を食べたあとに、私ができることは、それくらいかもしれません。

よっしゃ! ラジャーgood 次回は是非、うちで納涼試食会をwink

 

| | コメント (0)

MW見てきました

いきなりですが、

「理想の攻めキャラですやんheart01happy02heart01

もう、その一言に尽きます。

あまり内容について詳しく書くことはできませんが、

結城美智雄役は玉木宏さんしかいない、というほど素晴らしかったです。

先日の日記にも書きましたが、何がいいって、声ですよ、声。

冷酷でナルシシズムさえ感じられるような甘い低音。

もう聞いてるだけで、

「この人のためなら身を滅ぼしてもかまわない」

とまで思いかねない、危険な声です。

これこそが「手塚治虫、最大のタブー解禁」なのか!

と勝手に納得しまうくらいのサド声でしたよ。

うっとり~lovely

でも、贅沢を言わせてもらえるなら、

もう少し、山田孝之さん演じる賀来裕太郎とのやりとりを増やして欲しかった。

もっと結城美智雄の心の深淵に迫って欲しかった。

……なーんて、やっぱり、贅沢過ぎますかね……coldsweats01coldsweats01coldsweats01

実は原作を読んだことのない私。

是非、その強烈過ぎるという禁忌をこの目eyeで読んでみたいです。

| | コメント (0)

男性の魅力はどこにある?

見ましたよ。映画のスペシャルドラマ、「MW~エピソード0」

いや~、面白かったです。

そしてカッコよかったですhappy02

佐藤健くんが可愛いいのはもちろんですが、何と言っても素敵なのは玉木宏さまheart02

あの低音のサド声、最高ですgood

私は常々、男性の魅力は声にあると思っています。

どんなにダンディで大人の魅力に溢れたルックスを持っていらっしゃっても、声がキーンと高かったり、お酒やタバコで潰れていたら、もう台無し。

ちょっと髪の毛がシースルーだったり、かなり恰幅が良かったりしても、深く、透明感のある低音の声を持っているだけで、男前度はぐんと上がります。

海外の俳優さんで言うと、ジョージ・クルーニーなんかが素敵note

あの声で、日本語で囁かれてみたいです。

「お風呂掃除、僕がやっておいたよ」

「今日、ゴミの日だろ? ついでだし、捨てておくよ」

「大丈夫? 肩揉んであげようか」

ああ、家人もあんな声だったら、即、

「いいの、いいのよ、そんなの私がやっとくわ!」

と、優しくご辞退申し上げるのにcatface

でも、声はともかく、マッサージだけはやって欲しいな。

マジで。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »