« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

西武でした(^^)

昨日のドラフト、菊池君は西武に決まりましたね。

監督の渡辺さんは元西武のエースピッチャーですし、先輩には涌井さんを始めとする素晴らしい投手がたくさんいらっしゃるし、環境としては最高じゃないんですかね。

願わくは、プロになっても楽天の田中君のように愛されキャラが変わることなく、まっすぐに大きく成長して欲しいと思っております。

いやー、ほんとに笑顔が可愛かったhappy02

長野さんも良かったですね。念願の巨人に入団できて。

ここからが勝負です。大きな7番という背番号に見合う、大きな選手になって欲しいです。でも、どうかプレッシャーには潰されないでください。

そして願わくは、前7番のNさんのように、五反田のラブホテルにお世話になることがありませんようにshine

| | コメント (0)

ドラフト

今日はプロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)です。

私の注目選手は二人。

高校ナンバーワン左腕と呼ばれる菊池雄星くん。

社会人野球で首位打者の長野久義さん。

この二人、すごく対照的なんですよね。

まず、長野さんは以前に二度ほどドラフトを経験していて、指名を受けたのですが、自分の希望の球団ではないということで、入団を拒否。

そして、今回、巨人入りを熱望しての三度目のドラフトです。ここまでいくと根性です。自分の意思を曲げないという気概、嫌いじゃないです。

どうも、ここは相思相愛らしく、ほぼ確定らしいです。メデタイshineですね。

で、菊池君はというと、「ユニフォームで野球をするわけじゃない。するのは自分ですから」というコメントで私のハートを鷲掴みにしてしまいました。

どのチームに指名されても、そこで精一杯頑張るbaseball

ほんと素晴らしいです。

私は菊池君がどこのユニフォームを着ても応援します!

ドラフト会議は毎年、ドラマが生まれます。

さて、今年はどんなドラマが待っているでしょう。

今夜のニュースが楽しみです。

みんなが幸せになるといいんですけどねhappy01

| | コメント (0)

クライマックスシリーズ

昨夜のプロ野球クライマックスシリーズは私が応援している球団が二つとも負け、悔しさの余りスポーツニュースは一切見ていません。

特に応援しているのがパ・リーグの楽天イーグルス。

超弱小球団からAクラス入りするまで実力をつけ、その立役者である野村監督が今季限りで契約解除。そりゃもう勝ってもらいたいに決まってるじゃないですか。

逆転サヨナラ満塁弾を浴びた福盛投手、もちろん落ち込むでしょうが、ゆっくり落ち込んでる暇はありません。取り合えず、昨日のことは記憶の奥に無理やりにでも押し込んで、シリーズが終わってからまた考え直してください。大丈夫、ここで挫けなければ、また大きく飛躍できるはずです。頑張れ、福盛!

で、セ・リーグですが……。

特に巨人が好きというわけではありません。

中日が……ごにょごにょ……。(好きな選手もいっぱいいるんですよ~!)

実は、もう皆さんお忘れかもしれませんが、シーズン開幕前のWBCに、中日は「シーズンが大事だから」って理由で一人も選手を出さなかったんですよ。日の丸背負った勝負の場にですよ?

なんか、そこが引っ掛かるっていうか、そこで万が一中日が日本シリーズに進出なんかしちゃったら、WBCの監督を務め、優勝を果たした原監督の面目丸潰れというか、いやいや、原監督はそんなことで腹を立てるような小さい男ではないんでしょうが、まあ、結局、私が納得できない、許せへんってことなんです。

こんなことにこだわる私こそ小さい人間なんでしょうが……。

しかし!

とにかく!

声を大にして言いたい!

楽天頑張れ!

巨人頑張れ!

| | コメント (0)

バスケ合宿

この週末、一泊二日のbasketballバスケ合宿basketballに行ってまいりました。

戦績は二勝二敗とタイです。

もちろん満足はしていませんが、私個人としてはまあGOODな結果ではないかと……。

いくら勝っても試合内容は最悪ということもあるんで、今回はかなり収穫があったと見ています。

で、合宿というとメインは酒盛りなんですが、そこはもう完全に内輪受けな下ネタ満載な世界になってしまうので、敢えてスルーしまして、バスケをやってる人間のデカさについて、少し。

人間のデカさといっても、心の大きさや懐の深さではありません。

純粋にデカさです。

まず、靴ですが、宿舎の部屋の玄関に脱ぎっぱにすると、並べられた靴がデカくて異常に面積を取ります。かなり目障りな状況なので、下駄箱の棚に載せると、今度は完全にかかとがはみ出した状態になります。空母のような靴が並ぶ姿はある意味圧巻です。

次、水筒の大きさがやけにデカい。試合中に水分補給が必須のため、2ℓ入る保冷水筒を常に携帯しています。たまに「ドラム缶か!」と突っ込みたくなります。

そして、服(ユニフォーム含)がかさ高い。サイズがデカいので、コインランドリーの目安(例えばシャツなら4枚、トレーナーなら3枚とか)よりかなり少なめに入れないと洗濯機が回らない。汗汚れが激しいので、洗剤も多めに投入です。

最後に集団のデカさ。試合会場の体育館などにいると周りもたいがいデカいので、さほど目立たないのですが、帰りの高速のSAなどでお土産を買ったりしていると、とにかく目立ちます。そろそろ集合時間だけど、みんなどこ?と探さなくても、くるっと一回り見れば、すぐに見つかります。男子メンバーが団体で「何にする?」と探している姿はまさに人間山脈。私も164センチあるのですが、その中に入ると、完全に宇宙人グレイのサイズですね。

で、渋滞もなく、無事、夜八時ごろに帰還を果たし、それぞれの家路に着いたのですが、朝が来るのが早いこと早いこと。寝たと思ったら、もう六時でした。

みんなも疲れてるんだろうな~coldsweats01

それでも、それぞれ学校へ行ったり、仕事に行ったり、今日も頑張るのです。

楽しんだら、また頑張る。

頑張ったら、また楽しめる。

これ、私のささやかなモットーですhappy01

| | コメント (0)

愛は強固に成立する

いきなりですが、私の新人賞受賞作がケータイ配信されてます。

実は七月に初文庫が発売されたのに伴い「八月以降に配信します」という連絡を担当様より頂いていたのですが、実は、気づいたのは昨日ですbearing

まあ、わたしの勘違いと言いますか、「八月以降って何月かな~」などと悠長に構えておりまして、日々、雑多なことに忙殺されているうちに、そのことをすっかり失念しておりました。

忘れていたわけじゃないんですsweat01 意識から飛んでたんです。

で、なぜ気付いたかというと、友人からのメールです。

「ケータイで何気に『北村由貴』を検索しとったら、見つけてもーたわ」

……マジですかcoldsweats02

でも、友人も昨日見つけたばかりで、いつから配信されてたかは知らないとか……。

ああ、ホンマに、担当様、申し訳ありませんcrying

自分が情けないです。

で、

気を取り直し、

まあ、ともかく、見つけてくれたってことは、もちろんダウンロードしてくれたんやろね?

「は? してへんで。だって掲載雑誌持ってるし」

クソッ、そうだった。

しかし、なんちゅー友だち甲斐のないヤツだdown

と、ゆうわけで宣伝です。

非常に拙い作品ですが、もしよろしければ読んでみてください。

今になって読めば、あのような代物によくぞ賞を下さり、デビューさせて頂けたものだと、shine白泉社様shineの心の広さに感謝を通り越し、感動すら覚えます。

2007年秋の号、イラストはサアヤ先生です。

怖いもの見たさで、よろしければ是非wink

| | コメント (0)

内輪ブーム

今、仲間内で池田理代子さんの「オルフェウスの窓」を回し読みしています。

3000ページ近い長編漫画のため、読破するのに時間も気力もいるのですが、ハマったが最後、「オルフェウスワールド」にじっくりゆっくり浸れるという利点も……。

で、最近はもっぱら「誰が一番好きなキャラか」という話で持ちきりなんですが、圧倒的に多いのはクラウス・ゾンマーシュミット(アレクセイ・ミハイロフ)様。

ワイルドな印象なのに、どこか繊細で哀しくて、女ごころをガッチリと掴むみたいなんですよね。

ほぼ九割がクラウス派ですよ。

で、残りの一割(っていうか、私一人なんですが……)が、レオニード・ユスーポフ侯。

ストイックで冷徹で、でも心は実は熱くて情が深くて……、彼について語れと言われたら、ストップが掛かるまで語り続けられる自信があります。

なにより心打たれるのは、部下セルゲイ・ロストフスキー大尉との固く切ない絆。

主従愛で結ばれた二人は最後……

と、まあ、ここからはネタばれになるんで多くは語りませんが、私はここにBL的な匂いを非常に感じているんです。

こんなヨコシマな目で読むなんて、作品に対する冒とくかもしれませんが……。

今のところ、BLというものを知らない仲間内でのブームなんで、完全に私はマイノリティなのですが、これをBL好きな仲間で回し読みをし、アンケートを取ると、どういうことになるのか。

……すんごい興味あります。

あと1つ「へぇー」と思ったこと。

以外にもイザーク・ヴァイスハイト様の超熱烈過激ファンがいないこと。

「うん、まあ、普通に好きやで。結婚するならイザークやね」

……これ、すごく分かるような気がします。

現実世界と架空世界では、求められる男性像って違うんですよね。

| | コメント (0)

ヘルグ・ルサック

昨日のテレビの特番でヘルグ・ルサックという詐欺師の話をやってました。

スイスの元銀行員が持ち前のルックスを武器に資産家の女性たちを食い物に、何十億というお金を巻き上げるという話だったんですが、

その詐欺師のルックスおよびキャラが私の理想の「攻め」なんですよ。

長身、知的、メガネ、黒髪、クール、そして美男。

極悪人だと分かっていながらも激萌えです。

っていうか、悪いからこそ魅力的?

騙されちゃうのも分かるなぁ、なんて言ったらバチが当たりそうですが……。

まあ、贅沢を言わせて頂けば、女を騙さずにheart01heart01を騙して欲しかったですsmile

取りあえず萌え充電。

たいへん美味しく頂きました。

| | コメント (0)

ピンポンダッシュ

ピンポンダッシュされました。

先週、昼ごはんのサンドイッチを摘まみながら真面目にパソコンに向かっていると、玄関のインターフォンが鳴ったんですよ。

応答しても返事はなかったんですが、もしかして器械の不具合かもと思って、ドアを開けに行っても、やはり誰もいない。

「なんやねん……」

と、ドアを閉めようとすると、十メートルほど向こうの来客者用駐車場で解錠するピッという音が。

ふと見ると、見覚えのある「お仕事車両」に急いで乗り込もうとする奴がいるじゃありませんか。

「Sちゃんっsign02

思わず叫びましたよ。1っこ下のバスケ仲間じゃありませんか。

「な、なんや、おったんけ」

いつものふてぶてしさとは違うオドオドとした態度、まさか……。

「アホか……down なんで、こんなことすんねんな」 ←この時点ですでに断定。

「な、なんでって……、そ、そんなん、……お前が可愛いからやんけっ!」

「えっheart01Sちゃんて、私のこと好きやったんhappy02? って思うかボケ!」

ここでSは強硬に言い張らず、「あ、バレた?」とあっさり認めるんですが、それがまたさらにアッタマくるんですよ。

「アホちゃう? 信じられへんわ、いい大人がピンポンダッシュって、あり得へん。アンタ、ホンマ暇やな」

「アホかぁ、暇ちゃう! 仕事中じゃ!」

「はぁ? もっとアホじゃ、仕事中にピンポンダッシュなんかすな!」

ホンマ、最悪ですよ。

仕事中に近くを通りかかって、わざわざ車とめて、ピンポンダッシュだけして帰る。

しかも見つかってるし……。

取りあえず、速やかに仕事に戻れと指令を出し、車の後ろ姿を見送り、部屋に戻ると、すっかり脱力状態。気を取り直すためにコーヒーを飲んでいると、奴から今度はメールが。

『今日の反省を元に、次からしっかり確実に決められるように頑張ります』

……試合に負けた後のコメントか……。

しかも、ピンポンダッシュされた時点で犯人はお前じゃ……。

夜、仕事から帰ってきた家人に報告すると、

「お前のツレはそんな奴しかおらんのか……sweat02

……ええ、おっしゃるとおりです。

言い返すこともできませんよ……bearing

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »