« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

「くらい」って「おおよそ」って意味やんな?

先日、我が家で女子会restaurantを開催しました。

コンセプトはアジアンフード(タイ料理中心)。

開始時刻は12時の予定だったのですが、友人Aから仕事の関係でちょっと遅れるとメールが。

『了解、急げ』と返信し、「腹減った~」とブーたれる友人どもをキットカットで宥めつつ待っていたのですが、12時半を過ぎても、まだ来ない。

「ちょっとって、何分やねんannoy

お腹と背中がくっつき、ゾンビ化した友人どもの「先に食べてよーさー」という殺気が怖くなり、とうとう『今、どこ?』と友人Aに催促メールすると、『あと、10分くらいで着くし、作ってる暇なかったからアンタんちで作るわ』と……。

いや、それはいいけど、何作るん? モノによっては調味料揃わへんで?

『トッポギ! 材料も調味料も全部持ったし、あとはお湯を800ccくらい沸かしといて』

ああ、韓国料理の! 了解! 任しとき!

……いや、待て待て、返信してから気付いたんやけど、800cc「くらい」って何? 1ℓ「くらい」やったら分かるけど、800って「おおよそ」の数値とちゃうやんな。

「それ、800cc量って沸かせってことなんちゃうの。アンタのアバウトさを見越してキッチリは無理やっていう、Aの優しさなんちゃうん?」

は? 待てや、ゾンビA。どさくさに紛れて、なんで今、私の事、けなした?

「とにかく、800量って、沸かしたらええねん。800cc分かる? カップ4杯やで」

そのくらい分かるわ、ボケ。って、話をそらすなや、なんで私がアバウトやねん。800に「くらい」を付けてることが気になって仕方ないくらい、私は繊細でデリケートなんやで? 

「ちょっと……sweat02 くだらんことでケンカしてどないすんねん、とにかく800cc沸かしたらええやん。そしたら、ちょっとでも早く食べれるやん」

うるさい、ゾンビB。800ccチョッキリなのか、800ccくらいなのか、アバウトと言われて、いい加減に流すことはできん! 5分早く食べるより大事なことや!

「……もう、ええやん、分かった、じゃあ、850cc量ろう。沸かしてるうちに蒸発するから!」

黙れ、ゾンビC! 蒸発分を50ccと読んだその根拠を述べよ!  

コンロの前で鍋の取り合いをしながら言い争っていると、友人Aが登場。

「……何やってんの。お湯は?」

…………wave

「まったく呆れるわ……。メールした意味が1ミリもない!」

うっ……、それはゴメンやで……。でも、800cc「くらい」ってなんなん?

「トッポギ茹でるだけやねんか。1ℓじゃ大きい鍋になってまうし、500ccじゃ少ないような気がしたし、間を取って750ccと思ったんやけど、それもやけに細かい指定になってまうし、だから800ccくらいって、メールしたんやんか」

はっ? 分かりづらいわっ! ってことで、君もこの瞬間からゾンビ認定paper命名D!

「気を遣ったんやんか! だいたい、なんでそのくらいのことでケンカしてんねん。アホちゃう! 大人やのに!」

むかっannoy

もうこうなると、「なんだコノヤロー」「なんだこのボケ、カス、アホ」の応酬……。

結局、収拾がついてランチになったのは1時過ぎですよ。

教訓。

「空腹状態で集まるな」

ランチ食べる前にキレてどないすんねん……down

| | コメント (0)

コートネーム

諜報員の「コードネーム」ではありません。

プロレスの「リングネーム」でもありません。

バスケットには、コートの上で使うコートネームというものがあるんです。

学生時代の部活の先輩後輩の上下関係は厳しいもの。

呼び捨てなんてとんでもない蛮行です。

でも、試合中にコートの上で「●●先輩!」などと悠長に礼を尽くしている暇はない。

で、ここで登場するのがコートネームです。

「阿部先輩」「八木先輩」くらいだったら、パスを出しながらぎりぎり言い切ることができるかもしれませんが、これが「五郎丸先輩」、「東国原先輩」、ましてや外国からの留学生「ゲデバニシビリ先輩」(←女子フィギュアに実在)だったら、どうします? かなり困りますよね。

だからいるんです、コートネームが。

「キリ、パス!」

「ケイ、前!」

「走れ、カッチ!」

コート上での限定使用ですが、便利ですよー。

しかも、いつもはニラミを利かせている先輩に、命令系の呼び捨てをした時なんかは、胸がすくような気分になれます。

で、ここで本題です(前振り長過ぎ)

他のチームに「マーク」と呼ばれている男子選手がいるんですよ。

コートネームはだいたい本名の一部から取ることが多いのですが、彼の本名を聞いてもなぜか「マーク」に通じる要素が一つもない。

これは、もしかして憧れのNBA選手がいて、その人から取ったのかな、にしては抜群に上手いという選手でもないし、ちょっと図々しいな、などと失礼で勝手な想像をしていたのですが、先日、そのチームの一人と、話す機会があったんで、とうとう聞いてみました。

「え? マーク? ああ、あれ、『若葉マーク』のマークやんか」

へ? 若葉マーク?

「あの子な、実は初心者やねん。ずっと陸上やってはってんけど、チームのメンバーに誘われて入ってきて、去年、始めたばかりやねん」

ああ、なるほど! だから「若葉マーク」flair

いや、でも……。

なんで「マーク」なん?「若葉マーク」を単語に分解すると、「マーク」より「若葉」のほうが、より意味をもった単語やん。なのに「マーク」取りなん?

「そやで。だって、言いにくいやん」

……ごもっとも。納得です。

なのに、なーんか腑に落ちない。疑問が解決したというのに微妙にもやもや~despair

こんな中途半端な結末なら、いっそのこと、「小室ファミリーのマーク・パ●サーから取ってん!」という、驚くほど古くて意味不明な由来のほうがスッキリしたんじゃないかって気がしますdown

| | コメント (0)

誰ですのん!?

サントリー烏龍茶のCM。

うる星やつらの主題歌(中国語バージョン)をバックに、骨付きフライドチキンを貪り食う男。

テレビ画面に彼の姿が現れた瞬間、何もかもを忘れて、画面に釘づけになりました。

よっぽど空腹だったかのように、豪快にワイルドに食らいつく姿は、エロスそのもの。

指をしゃぶりながら、カメラに問いかけるような視線はゾクゾクするほど官能的で、もう一瞬で心を奪われました。

で、早速サントリーさんのホームページをのぞきに行くと、なんと彼、有名な俳優さんでした。

張震(チャン・チェン)さん、グリーンデスティニーで主演を務めた台北出身の映画スターさんです。

知らなんだ……。

あんなに魅力的に肉を貪る俳優さん、他に知りません! ←すごく褒めてる。

で、その感動を早速、家人に話すと、

「男が肉を食う姿が『素敵heart01』なんか?」

当り前やん。ワイルドでエロくて素敵やんか。

「じゃあ、なんでワシには肉を食わせへんねん」

は? 何? その誤解を招く言い方は? 

二日に一回は肉だし、しかも、それ以前に、メタボの君に大きな顔で肉を食べる資格があると?

「たまには豚バラの煮たん食べたいやんけ」

そんなひもじそうに……。

まるで虐待してるみたいに言うけど、むしろ健康に気を遣ってる私を褒めるべきちゃうの? しかも、豚バラは一週間前に作ったばかりじゃ、ボケ!

「じゃあフライドチキンでええ。お前が望むなら、俺が骨付きを食ってる姿を見せてやる!」

ギャーッ! 謹んで、断固として拒否します! 今は君が食べる姿は見たくないです!

お願いだから、張震さんのCMが終わるまでは夢を壊さないで~っ!

と、いうことで、我が家は無期限でフライドチキン禁止となりました。

あ、余談ですが、CMを見て、「何もかもを忘れて釘づけになった」私がリアルに忘れたことは、炊飯器のスイッチを入れることです。

ふたを開けた時、マジでビビりました。

| | コメント (0)

リアル羞恥心

おバカキャラで人々を癒し続けてきた「羞恥心」が活動停止して、ずいぶん経ちますが、我が家(マンション)の大規模修繕工事を担当してくれているガテン系お兄ちゃんの中に、どうやらリアル羞恥心がいるらしい。

作業員控室に、その日に気付いたこと、問題点、反省点などを記入する掲示板があるのですが、そこの書き込みに癒されました。

「子どもが大い(多い)ので、はん送に中意(注意)」

見た瞬間、胸がジーンとしました。

素晴らしい。

早速、その感動を友人に報告したところ、

「惜しいっ!」

な、なんで?

「『子ども』の『子』が『小』だったら、大中小、揃ったのに!」

なるほど、ウマいっ!

癒しと感動と感心を同時に味わえるなんて、なんて幸せな日でしょう。

神様、ありがとう!

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »