« 「くらい」って「おおよそ」って意味やんな? | トップページ | ショパンと西城秀樹のコラボ »

潮干狩り

連休は潮干狩りに行ってきました。

干潮時間に合わせて現地到着したのですが、駐車場に入ることすらできないエライ混みよう。

仕方なく、さらに奥地まで足をのばし、やっと駐車スペースを見つけ、浜辺へ。

潮干狩りは干潮の前後二時間しかできないため、出遅れた私たちは必死のパッチで掘りまくりました。

しかーし、心配は無用。掘れば出る出る、あっという間にバケツに一杯ですよ。

メインはもちろんアサリなのですが、たまに「当たり~bell」とばかりにハマグリが取れるんです。

5人で行ったのですが、私以外の4人がゲット。

なぜ、私だけ……。

「日ごろの行いが悪いからじゃ、ボケ」

「アホけ、なんで取れへんのか理解できん」

散々な言われように、怒りスイッチが入り、クソ意地になって掘りましたよ。

あった~っ! ……あれ、なんだ、これ。

手の中には、直径8センチくらいの丸い巻貝が。

「うーわ、気色悪っ! 何、取ってんねん」

なんだか分からないけど、お宝の予感も……。

普段は言い返す私ですが、その時ばかりは黙って「それだけバカにしといて、後で吠え面かくなよっ!」と心の中でほくそ笑んでおりましたcatface

で、最後に潮干狩り場のゲートで、採ったアサリを量ってもらうのですが、かなり期待を胸に漁協のおじさんに、その巻貝を見せたんですよ。

これ、ナニ貝ですかね?

「あー、こりゃイチゴ貝だね」

ほう、イチゴ貝。可愛いネーミングだし、ますます高級お宝貝の予感happy02

「これはアサリを食う外来種で、硬くて食べれないよ」

ええっ! つまり、害虫ならぬ、害貝っ!

喉元まで出かかっていた「見たか、雑魚ども、ハマグリなんか目じゃないわ、ボケ!」というセリフはひゅっと引っ込み、代わりに出てきたのは「へ?」という間抜けな声だけでしたよ。

しかも、漁協のおじさん、私に何の許可もなく、当り前のようにゴミ箱にポイッdown

……あ、ひどい……wave

「ま、残念やったな」

「お前らしいわ」

帰りの車の中で散々バカにされながら、渋滞の中を悶々と帰りましたよ。

あまりに悔しかったので、イチゴ貝をネット検索すると、かなり野蛮で卑怯な貝であることが判明。しかも、すごい大食漢でアサリやハマグリをアホほど食べてしまうらしい。

そうか、そう考えると、私はハマグリは取れなかったけど、たくさんのアサリやハマグリの命を救ったことになるのでは……。

どや! 君たちが来年食べるアサリやハマグリは、私が魔の手から救った貝かもしれへんねんぞ! 

「はいはい……、じゃあ、このバケツん中の貝も救ったるか?」

……んなわけないやん……、食べるわ……。

「やっぱりな……」

アサリご飯、クラムチャウダー、ハマグリ汁、めちゃくちゃ美味しかったです。

ごちそうさまでしたnote

|

« 「くらい」って「おおよそ」って意味やんな? | トップページ | ショパンと西城秀樹のコラボ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「くらい」って「おおよそ」って意味やんな? | トップページ | ショパンと西城秀樹のコラボ »