« 秀樹、最高! | トップページ | 新しい嫁です »

フレネミーってご存知ですか?

先週の「ホンマでっか!? TV」(さんまさんの番組)で話題になっていた「フレネミー」

friend(友人) と enemy(敵)を合体させた造語だそうで、友だちのような顔をしながら、実は敵であるという、恐ろしい存在のことらしいです。

で、先週はもっぱら友人たちとその話題で盛り上がりまして、

「いるよね、いるよね!」

と実名まで上がる始末。

その中で「怖~っ!」と思った話を……。

友人Aは3年ほど前に結婚し、長女が保育園に上がったのを機に、元の職場に復帰したのですが、そこで再会したのが同期入社のB。

Bは才媛の誉れ高く、なかなかの美人。

Aは私の友人でもあるのが証拠に、ちょっと残念な感じのお調子者。

で、Bは、Aが産休前はさほど仲が良かったわけでもないのに、なぜか急に同期面をして近づいてくるわけですよ。

「ねえねえ、Aちゃん、旦那さんてどんな人なん?」

「仕事が終わってから夜ごはん作るの、大変なんちゃうの」

「残業、きついやろ? やっといたるし、帰り」

「えらいなぁ、Aは、土日だって、そうゆっくりできひんのやろ?」

などと、フレネミーの特徴そのままに、人の話ばかりを聞き出し、自分の話は一切しないのだとか。

しかし、残念な友人Aは、しばらくそれに気づかず、聞かれるままに答えていたんだそうですよ。

そしたら、なんと、

「Aの旦那は○○に勤めていて、役職は○○らしい」

「Aは夜ごはんを作るのが面倒で、お惣菜で済ませてるらしい」

「Aは仕事が遅いから、私がフォローしてる」

「土日は旦那の実家に子供預け、出歩いているらしい」

などという、クソ情報が誰れ彼れとなく、広がっていたらしいんです。

職場の別の友だちに、「気をつけなアカンやん」と言われて気付いたんだとか……。

「Bを親切なヤツや、思っとった私が情けないわっ!」

ホンマやね、その悔しい気持ち、よく分かる。

その場にいたみんなで、Aにケーキを奢ったりましたわ。

でも、考えてみると、Bも可哀想なヤツですよ。きっとAの幸せが憎かったんでしょうね。

自分の心が満たされない時、人ってすごく意地悪になったりしませんか?

それを慰めてくれたり、一緒に泣いてくれたり、勇気付けたりしてくれる友人にも恵まれていないんだと思います。

―― Aよ、アンタ、Bの真の友だちになったれ。

「なんでやねんっ! 無理やん、そんなん!」

なんで無理やねん。やってもいんうちから、無理、言うたら、アカンやんか。

「ほなら、アンタがなったったらええやん! ケー番もアドレスも教えたんで」

いや、いらん。だって私、その人のこと知らんし。

「ムカつくわーっ! ひと事だと思って茶化しよる! アンタこそフレネミーやわ!」

え? 私がフレネミー?

ふふ、まさに。

こうしてAの不幸話をブログにアップしてしまいましたわ。

くすっbleah 

|

« 秀樹、最高! | トップページ | 新しい嫁です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秀樹、最高! | トップページ | 新しい嫁です »