« GPファイナル | トップページ | ホモ疑惑ですって!? »

グランプリファイナル終了

昨夜は世界のトップスケーターが競うグランプリファイナルを存分に堪能いたしました。

女子は村上佳菜子ちゃんが二位に0.01という僅差で銅メダル。

男子は織田くんが銀、小塚くんが銅と、健闘しましたね。

鈴木明子さんもとってもいい演技でした。もっと点数が出てもいいのにと思ったのは、私だけではないと思います。

とにかく皆さん素晴らしい。あっぱれです。

でも心配なのが、男女の両エース、安藤美姫さんと高橋大輔さんです。

安藤さんはショートを新しいプログラムに変更したばかりで、まだ慣れていないせいもあったのでしょう。きっと不本意な滑りだったと思います。

でも、フリーは圧巻の演技でした。しっとりと上品で優雅で、見ているだけでホワーンと夢心地になりました。

フリーだけなら一番の成績だったらしく、次の世界選手権が楽しみです。その頃にはショートもいい具合に仕上がっているでしょうし、すごく期待できると思ってます。

高橋大輔さん。やっぱり練習中の小塚くんとの激突でどこか痛めたのでしょうか。

得意のステップが上手くいかないなんて、よっぽどだと思います。

フリーも後半からは滑るのも辛いようで、見ていられないような気持ちになりました。

それでも最後まで滑りとおした根性、感服いたしました。

話は戻りますが、練習中の激突、あれは高橋さんの曲が掛っていて、優先的に高橋さんが練習できる時間だったようで、それを邪魔する形で激突してしまった小塚くんが、ものすごく慌てた顔で助け起こしに行った姿が印象的でした。

もちろん小塚くんだってわざとぶつかったわけではありません。きっとなんてことをしてしまったんだと、心臓が潰れる思いだったと思います。

でも高橋さんは、そんな小塚くんに気を遣わせてはいけないと、「大丈夫だから」と立ち上がり、痛みを堪えながら練習を続行しました。小塚くんはその姿を見て、どんなに救われたかと思います。

でもやっぱりダメージはあったんですね。試合後に練習が足りなかったというようなコメントをしていましたが、あれも小塚くんに対する思い遣りだったと思います。悔しさに耐える声を聞きながら、凛と言い訳をしない表情を見ながら、涙を堪えることができませんでした。

なんて素晴らしい人なんでしょう。

怪我を克服し、オリンピックに出場し、果敢に四回転に挑戦した時から、男の中の男だと思ってましたが、もう男の中の男の中の男ですよ。

もしノーベル賞に「男の中の男賞」という部門があるなら、是非とも高橋大輔さんに授与し、人類最高峰の男として認定して欲しいです!

心から尊敬してます。

今は色々整理のつかないこともあるかと思いますが、体と心を少しでも休めて、次の世界選手権に向かって下さい。

力いっぱい、精いっぱい、応援します。

頑張れ、高橋さん!

頑張れ、ニッポン!

|

« GPファイナル | トップページ | ホモ疑惑ですって!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GPファイナル | トップページ | ホモ疑惑ですって!? »