« 白馬ですか、そらアカン | トップページ | 今さら、東方神起…… »

さぞかし無念であっただろう(> <)

昨日の「ひたすら県境を歩こう」、号泣しました。

先週、日本海が見えるところまで登ったにも関わらず、大雪のためベースキャンプに戻った乙の二人。

今週は幸いにも天候は回復し、再び富山を目指して尾根縦走に挑みました。

しかし、

自然はなんと厳しく手ごわいのか。

大雪の後に待っていたのは表層雪崩の恐怖です。

空はあんなに気持ち良く晴れていたのに、登頂することを断念せざるを得ませんでした。

あの、ガイドさんの決断を聞く時の乙の二人の表情、見てるだけでこっちまで泣けてきました。

あんなに頑張ってきたのに、どんなにか無念だったでしょう。

そんな失意の二人を温かい言葉と料理で迎えたのはペンションオーナーの奥さんでした。

もうここで私は大号泣ですよ。

人の優しさって、本当に心に沁みますよね。

そして、一晩明けて、乙の二人は迂回ルートに挑みます。

自らルート設定をしようとする成長ぶりが本当に頼もしく、嬉しかったです。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

ここからは萌えポイント。

雪深い斜面で、登頂断念を知らされ、泣きじゃくるノブヨシくんの姿に胸がキュンとしました。

もう可愛い! と抱きしめたくなりました。

そして、それに対して声を必死に堪えて涙するライヘイくん。

この人、男だ。マジかっこいいと思いました。

体を折り曲げて泣きじゃくるノブヨシ君の背中を、さりげなく、そして黙ってポンポンと叩く姿に、本気で惚れそうになりました。

言葉少なな男の優しさって、なんでこうも胸を掻き毟るんでしょう。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

これはもう、男が惚れてしまってもしょうがない男だ。

分かるよ、ノブヨシくん、君の気持ちheart04(あくまで妄想)

と、いうことで今回の妄想。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 ノ 「なんか悔しすぎて眠れない」

 ラ 「だな、……でも眠れなくても寝ろ、明日も進むんだから」

 ノ 「じゃあ、ライさん、眠らして」

 ラ 「……またお前は……」

もそもそとライヘイくんの布団に入ってくるノブヨシ君に、恒例の小悪魔の誘惑かと思いきや……、

 ノ 「ギュッて朝まで抱っこしてて」

なぜか予想(期待?)を裏切り、大人しく腕の中にもぐり込んだまま、目をつぶってしまうノブヨシくん。

 ラ 「そうくるか……」

そんないじらしい姿に、逆にそそられてしまったライヘイくんでしたが、早くも寝息を立てるノブヨシくんをギュッと抱きしめ、「だから可愛すぎるっつーの」と舌打ちしながら目をつぶるのでありました。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

さて、来週は「死なないように」進まなくてはならない難所があるようですね。

大変だぁ。

ほんと、死なないで頑張って下さい。

ファイト、乙!

|

« 白馬ですか、そらアカン | トップページ | 今さら、東方神起…… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白馬ですか、そらアカン | トップページ | 今さら、東方神起…… »